logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
作家さん紹介 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents
京友禅染色作家・chisato mode創案者 山科千里さんのページへ
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail

柿渋染古代辻が花染色作家 佐々木宗一さん


プロフィール
1944年
京都に生まれる
1976年 辻が花と出会い、制作活動を開始
1977年 古代辻が花染研究会設立
1992年 京都絞工芸展にて京都市長賞を受賞
佐々木宗一さん


1968年、博物館で見た辻が花、古代裂(こだいぎれ)に感動。今の人のために生かしたいと思い立ち、その再現に挑戦。


自由奔放に好きな柄を絞り上げることの難しさに苦労の連続。数え切れないほどの白生地を無駄にした末、高度な技法と、辻が花特有の「におうような美しさ」を再現することに成功。


さらに近年、柿渋染を修得し、これを古代辻が花染に応用。コクと渋みのある独自の作品が誕生し、新たな境地を切り開かれました。


 最近は文化庁の依頼を受け、桃山時代の武将の肖像画に描かれている、美しい「辻が花の小袖」を原画に基づいて忠実に再現する仕事に取り組んでおられます。

古代辻が花染タピストリー
佐々木宗一さんの作品

佐々木宗一さんの作品古代辻が花染タピストリー

古代辻が花染訪問着(部分)
古代辻が花染
訪問着(部分)
柿渋染古代辻が花ショール
柿渋染古代辻が花ショール
佐々木さんが感動した辻が花古代裂(16世紀)
佐々木さんが感動した辻が花古代裂(16世紀)

↑このページのはじめへ

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.