logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
chisato haru きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents  
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
和を今の暮らしに生かすchisato haruの衣

「春宣工房」の山科千里さんが伝統工芸の技法を踏まえたハレのきものに対して、「日常着としての日本の衣」を提案しています。

ボレロ風上着
ボレロ風上着
山科さんが独自に考案されている「衣」は「今の暮らしや風景になじんだ着方の提案」とでもいえるもので、きものという表現を使わずに、「衣」という言葉を使っています。

江戸時代から形と着方が固定してしまった「きもの」への反省から考案された、新しい「和のテイストを持った衣服」といえます。

ショール
ショール

chisato mode の衣
chisato mode の衣
今、私たちが考える「きもの」の形や着方から一度離れてほしい。「和」を固定したイメージから離れて、今の暮らしや風景に合わせてとらえ直してほしいという提案から生まれた衣服です。

その発想は、きもの製作の他にコートなどを手がけられた1994年頃にさかのぼります。この頃に、和・洋・老・若・男・女にこだわらず着用できる、「纏ふ(まとふ)」衣を考え始められたようです。

「異文化を尊重しつつ、自分たちの暮らしにあった価値観を持てば楽になるし、争いもなくなるかもしれない。」
「激しい時代の変化の中で、これまで衣を通じて感じてきたことを、今、人の暮らしを体感しながら確認したくなりました。何を纏い、何をおいしいと感じ、どんな空間で・・・そしてだれと?音 風 光 そんな風景をつらつらと想い描きながら、ものづくりをしていきたいと今、思っています。」といわれる山科さん。ものづくりの背景に、大きな広がりと深さが感じられます。
すべて手作りの小物
すべて手作りの小物

↑このページのはじめへ
山科千里さんの代表的な作品山科千里さんの歩んだ道

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.