logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
もーど・じゃぽねすくホームへ
古代辻が花染の再現と柿渋染 きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents  
トップページ
四季の彩りを衣裳の色に
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
古代辻が花染の再現
柿渋染
柿渋について
柿渋染辻が花
作家さん紹介 佐々木宗一さん

古代辻が花染の再現

一枚の古代裂(こだいぎれ)から永遠のシンプルな美しさを持つ現代のきものがよみがえりました・・・それが再現古代辻が花です。

1968年、京都在住の佐々木宗一さんが、博物館で出会った辻が花染の古代裂(こだいぎれ)に感動。現代の染色に活かすために、その再現を思い立ち、絞りの専門家に相談したものの、再現はむずかしいと断られ、それでは、と自らが未知の技に挑戦し、完成させたものです。

佐々木さんが感動した辻が花古代裂(16世紀)→

辻が花古代裂(16世紀)

スルッとKANSAI都カード「丸山の夜桜」

「丸山の夜桜」と題されたこの作品は佐々木宗一さんデザインによるもので、京都市より制作を依頼されたものです。京都市交通局発行のスルッとKANSAIカードに採用されたこの作品は、京都府市協調事業「21世紀を開く京の職人衆フェスティバル」で展示されました。
「丸山の夜桜」を製作中
「丸山の夜桜」を製作中

一般に、辻が花染といえば、金通しの生地等を使用した、華麗な作品が多いようですが、再現古代辻が花は、あくまで古代裂がもつ「永遠のシンプルな美」、辻が花特有の「匂うような美しさ」を求め、復元を基に独自の作品創りをしています。

古代辻が花染訪問着上前部分
再現古代辻が花訪問着上前部分

Copyright (C) 2002-2003 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.