logo 世界に翔く和のモード もーど・じゃぽねすく http://www.mode-japonesque.com
京の秀彩苑(京都22工房) きもの・帯・ベスト・ジャケット・小物・chisato-mode
contents
京の秀彩苑の展示会日程はこちら
トップページ
四季の彩りを衣裳の色
かさねの色目と日本の色
古代染色のシンプルな美を追求
古代辻が花染と柿渋染
英雄を彩った華麗な絞り染
辻が花染について
和を今の暮らしに生かす
chisato haru
優美な糸目友禅と胡粉ぼかし
冷泉(れいぜい)工房
京都の工芸作家プロジェクト
京の秀彩苑(京都22工房)
古いきものがシルクニットに
きものリフォーム
魅力的な作品創りに挑戦している
作家さん紹介
e-mail
京都の工芸作家プロジェクト  
京の秀彩苑についてのお問い合わせはこちら

今日の生活に即した染物を創作
米谷工房 米谷稔

訪問着 半夏生(はんげしょう) 訪問着 半夏生(はんげしょう)
半夏生は夏至から7月2日まで。嵯峨野大覚寺の大沢池の風景。静寂さの中で日ざしを受けてきらめく水面と睡蓮を描いています。

1959年 友禅師、橋本五郎先生に師事
京友禅の基礎を修得
1970年 独立、工房を持つ
京都彩芸美術協同組合に所属
日本伝統工芸展入選
日本伝統工芸染織展入選、入賞
京都府工芸美術展入選
新人染織展入選
彩芸展京都府知事賞、京都市市長賞
本物を目指して技を磨き今日の生活に即した染物を創作
 
■作家からのメッセージ
皆様に喜ばれる「個性豊かな一点」をお誂えで創作させていただきます。
(米谷 稔)

若きころの思い出のお着物を新に変身させお洒落しませんか ただし生地は絹に限らせていただきます。
お申し込みはmail@syusaien.comまで
(京の秀彩苑・米谷工房)



米谷 稔さんの作品には淡彩な色使いのものが多く見られますが、色が整理されて淡々と描かれているのに、たいへん味わいがあり奥深さを感じます。

細かい野生の植物の葉などがモチーフになっていますが、グラディエーション、色合いの変化、背景の面白さを取り入れ、単調な野生の草花が新しい息吹を与えられ、実に上品な作品に仕上がっています。

「好きなモチーフを草稿、図案に取り入れたり、制作に参加して手描友禅のすばらしい技術を体験しませんか」と米谷さんの工房では提案しています。 お問い合わせは mail@syusaien.com まで

(取材:もーど・じゃぽねすく)
訪問着・半夏生・部分
訪問着・半夏生・部分

訪問着・半夏生・部分
訪問着・半夏生・部分


Copyright (C) 2002-2004 MODE-JAPONESQUE. All Rights Reserved.